クレンジングを行うときはクレンジングの知識が必要不可欠です

クレンジングの種類

メイクをすっきりと落としてくれるクレンジング剤には様々なタイプがあります。 汚れ落ちがよくガッツリメイクでもきれいに落としてくれるのがオイルやリキッドタイプです。 汚れ落ちが良い反面肌への刺激も強いため、乾燥肌の方などは避けた方が無難です。 また、拭き取りタイプも手軽で便利ですが、肌との摩擦が強いため、乾燥肌の方は使わない方が良いでしょう。 逆に肌に優しいのがミルクやクリームタイプです。 界面活性剤が少ないため、肌への刺激が弱く肌の弱い方でも安心して使えます。 ただし、オイルのような汚れ落ちの良さは持っていないため、洗浄力はオイルよりも低めになってしまいます。 ナチュラルメイクの時や肌の弱い方などは、ミルクやクリープタイプを使うのが良いでしょう。 また、その日のメイクの状態によってクレンジング剤を使い分けるのがおすすめです。

肌のバリア機能が弱っている乾燥肌の方は、いかにこのバリア機能にダメージを与えずにクレンジングするかがポイントです。 クレンジング剤で肌が濡れいている時にゴシゴシ擦ってメイクを落としたり、クレンジング剤の成分が強すぎたりすると、角質を傷つけてしまってバリア機能の成分まで落としてしまうことになります。 また、クレンジング剤に含まれている界面活性剤は、メイクをするりと落とす働きを持っていますが、肌に負担がかかる傾向があります。 そのため、乾燥肌や肌の弱い方などは、なるべく界面活性剤が含まれていないクレンジング剤を使用するのが大切です。 そして、肌との摩擦を極力避けるようにして、メイクの落ちにくい部分は専用のリムーバーを使うなどして、工夫するようにしましょう。