クレンジングを行うときはクレンジングの知識が必要不可欠です

クレンジングの種類

クレンジングはメイクを落とす際によく活用されますが、肌が敏感な時には控えたほうがいいと言われています。クレンジングにも様々な種類があるため、うまい使い分けをすることで肌への負担も低減できます。

Read More

手軽に使える

温かい時期になると多く発生する蚊には虫よけをする必要があります。日本でも昔から蚊取り線香などが利用されてきましたが、電気設備がなくても使えるものとして海外でも利用されています。

商品の良さや効果は、実際の体験者の声を聞いてみましょう。リプロスキンの経験談や口コミ情報を見るなら、こちらをご覧ください。

Read More

ニキビに効果的

ニキビ跡が顔に残った時にはスキンケアで治すことができます。ニキビ跡に効果的な化粧水としてリプロスキンがあり、使う事によって様々なニキビに対応してくれるので、肌の調子を整えることが可能です。

Read More

乾燥肌を回避する

一年中通してエアコンが効いている室内がほとんどですが、その中で生活していると乾燥肌を招いてしまいます。乾燥肌を避ける為にも化粧水でしっかりと保湿する必要があります。

Read More

クレンジングのいろは

デリケートな肌のメイク落とし

乾燥肌などのデリケートな肌の場合、メイクを落とす時にも気を使う必要があります。 界面活性剤が含まれたクレンジング剤は確かにメイクをしっかりと落としてくれますが、乾燥肌などの肌が弱い方が使ってしまうと、さらに肌が乾燥してしまいます。 クレンジング剤を選ぶ際には、肌に潤いを残してくれるようなものを選ぶのがおすすめです。 オイルタイプはしっかりと汚れが落ちる反面、界面活性剤が含まれているため、肌への刺激が大きいです。 ミルクやクリームタイプなら油分と水分のバランスが取れていて、低刺激で肌が乾燥しにくいというメリットがあります。 オイルに比べて汚れ落ちややや劣りますが、普段のメイクならしっかりと落とすことができます。

正しいクレンジングを行なおう

肌にメイクを残したままにしておくのは肌トラブルの元ですが、汚れをしっかりと落とそうとして、クレンジングの時につい擦ってしまったり、指に力が入ってしまうと、肌へダメージを与えてしまいます。 特に肌のバリア機能が弱くなっていて皮脂の分泌も少ない乾燥肌の場合だと、ちょっとした刺激がさらに乾燥をひどくしてしまったり、敏感肌に傾いてしまう事もあります。 クレンジング剤をたっぷりと肌に乗せて、優しくクルクルと汚れを浮かすようにしてメイクを落とすのがポイントです。 また、肌に乗せる前に充分に手のひらで温めてあげると、メイクが落ちやすくなります。 そして、乾燥肌の方はすすぎの時にも充分に注意をして、ぬるま湯の温度が高すぎないようにしましょう。

泥の洗顔石鹸

肌トラブルは男女問わず発生してしまうものですが、利用する洗顔やケア商品で肌を生まれ変わらせることもできます。洗顔石鹸のなかでもどろあわわは微粒子の泡が毛穴に入り込んで汚れを落とすのでかなり効果的です。

Read More